資源の話

0

    人間の物理的な力も能力も目に見えない繋がりも資源と同じで有限、消費すれば減衰する。
    だからそういう資源を生む人間を育てるか次のサイクルを考えるしかない。


    劣等感など。

    0
      ひとの好き嫌いなんてほんとにどうでもよくて私にできないことをしてるひとであれば私は尊敬できる。
      どんなに馬鹿にされても私はこの人にできないことをできると思えばなんの不遇だと思う感情もない。
       
      私は私のやるべきことをやろう、それからだ。

      L

      わたしのこと

      0
         久々過ぎますね、すいまそん。
        どうもLです。

        最近、フライヤーとかに載せるんでプロフ送ってくださいまし、とプロフを求められるのですよ。
        その度に自分のやってること、好きなことを人に紹介するのってすごい難しいなあ、と思います。
        以下、ここのプロフ文なんですが・・・・、

        ------
        2001年、東京を中心にQueenとして活動開始。
        QueenらしからぬRock、Pop、お笑い、アニメから60'S〜80's等、幅広いジャンルに傾倒し、可愛いだけじゃないとんだカルト女装へ変貌を遂げた新世紀ガーリーアイコン。
        ------

        これは相手先に送るため、文字数制限有りでだいぶ端折っていますが、だいたいこんな感じでしょ。(なんだろ最後の新世紀ガーリーアイコンって?

        メイクや衣装にしてもわたしってバラバラ。

        いかにも海外のQueenのようなギラギラした強い感じとかすごい好き。
        でもシックな古着ものも好き。
        更に言うと蛍光色や80sファッションや超ポップな路線も好き。

        というような、その日の気分とかイベントの雰囲気で結構変えてしまいます。

        だから同じ舞台に立つ人でも一つのテイスト、一つの「ルール」を守ってやり続ける人ってのはすごいなあ、って思うのです。
        一つのテイストを続けることで中身がどんどん濃厚になっていく様というのは見ていて本当に素晴らしい。
        この「様」は変化のありようでもあるし、内側からにじみ出るもの、決意のようなもの、ですね。
        バラバラな取り繕いをする私はまだまだテイストは希薄なもの。
        私はきっとまだ自分の中に「ルール」を課せられないアマちゃんなのね。
        といつも反省しています。

        いつか薄く浅いわたしが濃厚なわたしになれたらいいのになー。

        でも薄く浅くを繰り返していったら徐々に積み上げられていろいろな方面で濃くなっていくわよね。
        そしたら無敵ね。

        以上、雑記でした。



        ※ちなみに小西康陽さんもご出演のPlayboy Playgirl@新宿ArcHが4/30(mon)今年初開催!
        GWは早めに有給申請して!!

        | 1/1PAGES |